読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にせいの日記

「自分の好きなものってなんだろう?」という疑問を解決するために、気が向いた時に好きなことを書いてみて、「自分の好きなもの」をあぶり出そうと試みています。

素数大富豪トーナメント鑑賞会(熱戦編)

10月4日(火)から5日(水)にかけて行われたMath Power 2016の中で、世界初!?の素数大富豪トーナメントが開催されました。正式名称は「第1回素数大富豪 MATH POWER カップ」とかなんとか。

大衆の目に触れる場で行われた初めての素数大富豪大会であろうと思われる本大会は、5時間超という長丁場ではありましたが、ニコニコ生放送で観ていて眠れなくなるくらいに、とてもとても楽しいイベントでした。

様子は、ニコニコ生放送タイムシフトで観ることができます。(タイムシフトが無期限なの素晴らしい!!)
live.nicovideo.jp

素数大富豪のルール解説&トーナメントは、13:16:41(13時間16分)頃から。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv271784850#13:16:41

今回は、生放送で放送された試合の中から、特に見応えのある試合を独断と偏見で3つだけ選び、勝手に見所をご紹介したいと思います。

ちなみにトーナメント表はこんなかんじ。
f:id:bluewindow:20161103220446p:plain:w450

【1回戦】梅崎さんvsうちばさん

タイムシフト 14:03:17~14:26:19)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv271784850#14:03:17

みどころ
  • 基本をおさえた、数学好き同士の対戦
  • 和気藹々とした雰囲気
  • 適度な冒険があるのも◎
コメント

数学塾の先生同士の対戦ということで、「137」「691」「4813」「21211」「41011」など、1回戦にしてはいろいろな素数が登場しました。
3枚出しもちょくちょくありながら、3の倍数が出されることもあるなど、親しみやすく面白みがある戦いです。
あぁ素数大富豪って楽しそうだな、やりたいな、と思わせてくれる試合でした。

【1回戦】彦さんvsタカタ先生

タイムシフト 15:02:09~15:48:23)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv271784850#15:02:09

みどころ
  • とにかく彦さんがかわいい
  • タカタ先生「素数大富豪でやっちゃいけないことは全て教えた」
  • 92
コメント

約1時間にわたる、超低空飛行の熱戦でした。正直、長い!笑 なんと、出された数字85個のうち、19個(約2割)がペナルティでした。。この後に行われた第2回戦において、タカタ先生は彦さんに対して「素数大富豪でやっちゃいけないことはさっき全て教えたからな!」というような声援を送っているのですが、本当に、この試合ではペナルティがたくさん登場します。
ただし、タカタ先生は、(おそらくですが)わざといろいろな手を使い、試合を盛り上げようとしていたものと思われます。3の倍数を出しておいて倍数判定法を解説したり、合成数出しをしたり、素数と判断できないような大きな桁の数を出してみたり。また、常に観られていることを意識してコメントし続けているのもさすがと感じました。あとは、この後のことを考えたら1回戦で敗退して休憩を取りたかったのかもなぁと思わなくもない。
しかし、そんなタカタ先生をかき乱したのが、素数大富豪初心者の彦さんでした。合成数を出そうとして足し算してみたり(かけ算するのが正解)、素で3の倍数や2の倍数(偶数)を出してきたり。笑 悩みながら迷いながら微笑みながらいろいろな数を繰り出してくる彦さんのかわいさがこの試合の一番の見所です。
実際、やったことのある人ならわかると思うんですが、偶数を出してしまうというのは案外よくあるミスだったりします。緊張していたり眠かったりすると、2の倍数か3の倍数か、どちらか一方を判定するので精一杯になるんです。それはもう、人間の能力の限界だと思うので仕方ない。ということで、午前3時から4時という、徹夜をするときに一番キツい時間帯に身体をはって娯楽を提供してくれたお二人には拍手を送りましょう。
この試合は、ぜひ作業用BGMとしてご活用ください。

【準決勝戦】キグロさんvs鰺坂もっちょさん

タイムシフト 17:02:49~17:20:09)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv271784850#17:02:49

みどころ
  • "因縁の対決"感
  • 「まだ笑うな…」
  • 「この意味がわかるかい?」
コメント

この戦いに関しては、冒頭のデモプレイ(http://live.nicovideo.jp/watch/lv271784850#13:32:53)から観たほうがより面白いかもしれません。
見所はとにかく、もっちょさんの余裕たっぷりな態度と、それによってキグロさんが精神的にどんどん追い詰められていく様子です。あぁこれが魔王なんだなと見せつけられる試合です。

【決勝戦】三浦さんvs鰺坂もっちょさん

タイムシフト 17:37:13~18:14:21)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv271784850#17:37:13

みどころ
  • これまでにない緊張感
  • もっちょさんのキャラ作りが素晴らしい
  • 勝負を決したのは「初対面の素数
コメント

息詰まるような熱戦です。その一言に尽きます。当日、最初から見ていた人は、試合レベルの上がり様に感動を抑えられなかったはず。
特に、3枚で5~6桁の素数を出して勝ち上がってきた2人が、勝負の中で「知らない素数」(素数だと確信できない数)に手を出す姿が見られたことはとても刺激になりました。強く見える人でもなお、新しい素数との出会いがあるのです。素数の世界すごい。素数大富豪の世界すごい。

あとは大会全体を通して、
はじめにもっちょさんが魔王(ダースベイダー?)として君臨 → キグロさんをはじめとした一般人達がどんどん倒されていく → 三浦さんという勇者が現れる → 魔王との決戦に辛うじて勝利
というかんじのストーリーが作り出されていたのも面白かったです。これはもっちょさんの作り上げたキャラクターの賜物かと。
もし1戦目でもっちょさんの手札がもう少し奇数がちだったらどうなってたんだろうなぁとか考えてしまうこともあるけど、あれでもっちょさんが楽々と優勝しちゃったら「やっぱり大きい素数をいっぱい覚えてる人が強いんだな」となってしまって、全然面白くなかったと思うんですよね。


ホントそう思う。


おまけの感想

あと気になったことをいくつか。

ジョーカーが入っていないのは規定違反?

せきゅーんさんの作成した素数大富豪の公式ルールでは、ジョーカーの2枚使用が定められて(認められて?)います。
しかし、今回の試合(少なくとも放送されていた卓)で使われたトランプには、どうやらジョーカーが含まれていなかったようです。
ジョーカー2枚がないと作れない素数というのも多数存在することを考えると、今回の試合については公式戦としては認められないのではないかと勝手に思っているのですが…どうなのでしょうか。

時間制限は大事

今回のトーナメントでは、

  • 各ターンの持ち時間は1分
  • 1試合が15分を経過した時点でプレイ中断、その時点の手札すべてを使いより大きい素数が作れた方の勝ち

という2つのルールがありました。これらは、とても有効に働いていたように思います。
追い詰められた時の1分ってホント長くて短いよね。手に汗握りました。

カード立てが便利そう

完全に道具の話ですが、カードを立ててゲームができるっていいなと思いました。しかも2段がまえ。放送としても見やすかったし、チャンスがあれば我が家にもぜひ導入したいです。いざというときのために。

放送時間がつらすぎる

あんなに面白い放送を、平日ど真ん中の深夜1時~朝6時半にやるなんて、どんな罠なんだろうと本気で思いました。
私は試合終了後、1時間だけ寝て仕事に行きました。その日はまだなんとかなったんですが、その夜に飲みに行ったら生活リズムが完全に乱れ、本当に本当に本当につらかったです(※自業自得)。
次回Math Powerはぜひ、休前日の開催を望みます。もちろん、素数大富豪に限らず他のコーナーも。



最後に。この記事に載っているタイムシフトのURLをクリックして「いまいち再生場所あってないな!素人め!」と思った方がいるかもしれないので一応書いておくと、この記事の中でab:cd:efとなっている数字についてはすべてabcdefの6桁の素数になっています。ということでちょっとした時間のズレはご容赦くださいませ。