読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にせいの日記

「自分の好きなものってなんだろう?」という疑問を解決するために、気が向いた時に好きなことを書いてみて、「自分の好きなもの」をあぶり出そうと試みています。

素数大富豪で遊ぼう会in札幌(401の巻)

新年度初日から遊びましたの報告。

(前回の様子はこちら)
nisei.hatenablog.com

◎開催概要

  • 2017年4月1日(土)13:00~17:00
  • ノースエイム 研修室 にて


今回は初めて、ちゃんと場所を借りて開催しました。
過去に別のイベントで参加者として使用したことはあったんですが、予約で対応してくれたスタッフさんも優しくて良かったです。

また、今回はイベントとしていくつか企画を差し込んでみました。
準備不足でバタバタしてしまったところもありましたが、なかなか楽しかったので時系列に沿ってご紹介します。

13:00~ 開会

時間どおりに入室。*1
スリッパを並べ、机をセッティングし、「今日出したい素数」を書くためのペン・カードと、参加費徴収用の貯金箱をスタンバイ。


今回は小額ではありますが会場費がかかったため、カンパ制で参加費を集めさせていただきました。金額は任意の素数
入れた人にチェックをつけてもらっているのは、あとで「合計金額と人数(と小銭の内訳)から入れてもらった額を推定する」というゲームがやりたかったからです。

14:30~ 「自慢したい素数」発表タイム

みんなが書く「今日出したい素数」がなかなか面白いので、自己紹介も兼ねつつ、急遽、みんなで「好きな素数」を自慢しあうための時間を設けてみました。もしかしたら今回一番面白かったのはココかもしれません。


↑「仕事場に来ないヤクザ(451082571893)」「ヤクザ皆来ない(89337571)」を紹介する後輩


↑「大好きなニノと素数大富豪する夢を見た」と語る後輩(※617は二宮和也の誕生日)


↑「肉肉野菜野菜フジイさん(29298318312413)」で自己紹介するフジイさん

突然の提案にも関わらず、みんな嬉々として素数を語ってくれました。熱すぎる。。笑

15:00~ 倍数判定法の話

「1001=7×11×13を使うと、13までの倍数判定が容易にできる」という話を知っている人と知らない人がいて若干不公平かなぁと思ったので、みんなに向けてお話をしてみました。

自分としては、ホワイトボードを使って人前で話すのがほぼ初めてだったので、ちょっと緊張してしまいました。
いろんなレベルの人がいたので内容がどこまで伝わったかはわかりませんが、少なくとも「ゲーム中に計算する」ことに対して興味は持ってもらえた…はず!


↑聴衆で計算が得意な方からは、「1001」の引き方について、3桁ずつ引いてもいいよね、という案も出ました。*2


16:00~ 参加費集計

会の終盤、ダースベイダーさんの集めてくれた参加費を集計しました。

目標額は会場の使用料2,200円だったのですが、見事にそれを越える額を集めることができました。ありがたや。

元々は「人数・合計額・金種から入れられた素数を当てる」つもりだったんですが、思ったよりたくさんの人が協力してくれたことにより計算が間に合わず、ひとまず合計額を出すので精一杯でした。。残念。。

というわけで解き残した問題はここに掲載しておきますので誰か解いてください。笑

【401会費問題】9人がそれぞれ素数円を出した結果、500円玉2枚, 100円玉29枚, 50円玉5枚, 10円玉26枚, 5円玉5枚, 1円玉28枚の4,463円(素数…!)が集まりました。さて、誰がどんな素数を出したでしょうか?

17:00 終会

全員で片付けをして、おしまい。素数大富豪に加えていろいろやろうとすると、4時間などあっという間でした。。
今回の参加者は計13人…だったはずですが、それすらチェックしきれないくらいにひとりでバタバタしておりました(-д-;)
次回はもうちょっとちゃんと準備して、自分もちゃんとゲームを楽しみたいです。

◎感想(気付き)

普段のプレイの様子や、試合の合間の過ごし方、そして今回設けた「『自慢したい素数』発表タイム」の発表などを見ていて、少なくとも今 素数大富豪in札幌に参加してくれている人たちの中では、素数の見つけ方に、大きく分けて「語呂合わせ派」と「計算派」の2種類があるのだなぁと感じました。

語呂合わせ派は、事前に予習の上、お気に入りの素数を持って参加してきます。いわゆる「こだわりの素数出し派」となる人が多く、手札を集めては好きな素数を出そうとします。ペナルティを受けまくっているかと思ったら、突然妙に大きい素数を出してきたりします。なんなら他人の出した素数まで語呂で覚えようとしてきたりします。また、試合の合間に新しい素数を探すことにも熱心で、隙あらば素数チェッカをチェックしている勉強家も多いです。

一方、計算派はとにかく計算が得意です。過去にそろばんを習ったことのある人や、理系の人にこのタイプが多いようです。自分の手元にある札でなんとか素数を作り出すのが得意と思われます。個々の数に大してあれこれ語ることはそこまで多くないですが、堅実に試合を進めて勝っていきます。経験を積むと徐々に合成数まで使いこなしてくるようです。

それから、第3のタイプとして、数学が大好きで数自体を愛していたり、数学的に魅力的な素数を好んで出す人もいます。ただこのタイプは、今の素数大富豪会in札幌にはあまりいないかもしれません。*3

いずれにしても、やっぱり素数大富豪を楽しむ人はみんな多かれ少なかれ素数を見つけることに喜びを感じていて、しかもそんな人たちが必ずしも「計算や数学が得意な人」ではないという事実は、今後も積極的に発信していきたいと感じています。

◎謝辞

参加してくれた方、さらに参加費をお支払いいただいた方、差し入れくださった方、「行きたいけど行けない…!」と悔しがってくれた方、どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

◎次回以降の告知

次回は4月21日(金)18:00〜、北海道大学総合博物館内のカフェぽらすで開催予定です。ぽらすは特に場所の専有手続き等をしているわけではないので、ごはんを食べつつしっぽり楽しみましょう。*4
あとせっかくの金曜日なので、ぽらす閉店後は札幌駅周辺に飲みに行くとかいうのもありかなと思ってます。遅い時間なら参加できるという忙しいみなさんは、この機会にぜひどうぞ。

さらに次々回ですが、5月3日(水・祝)というGW真っ只中に開催します。時間は13:00〜17:00、場所は今回と同じノースエイムで考えていますが、まだ予約していません← 続報をお待ちください。

また会として、よく参加する人たちのプレイスタイルがなんとなくわかってきたので、次回辺りからそろそろ対戦の組分けなど工夫できたらいいなと思っております。(これまではあみだくじだったので…笑)


さて、結局何が言いたいのかって、素数大富豪ホントに楽しいからみんな一緒にやろうよっていうことですよ。
だから、素数大富豪で遊ぼう会はもうしばらく続けてみようかなと思います。以上。

*1:スタッフの方の様子を見ると、厳密に時間を守る必要性はなかったよう…。次回はちょっと早めに行こう。

*2:そもそもこんな難しい計算ができる人なら普通に11・13で割れるのでは…と思った計算下手のわたし

*3:実は隠れているだけかもしれないけど…

*4:ぽらすのご飯のおいしさは2月に確認済み! nisei.hatenablog.com