読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にせいの日記

「自分の好きなものってなんだろう?」という疑問を解決するために、気が向いた時に好きなことを書いてみて、「自分の好きなもの」をあぶり出そうと試みています。

カエデのタネ

科学

今日は、カエデのタネのおはなし。

f:id:bluewindow:20141122153831j:plain

植物のタネの中ではかなり有名…だと思われる、カエデのタネ

 

f:id:bluewindow:20140510150839j:plain

↑これはさっきの写真とはまた別の種のタネですが、

とにかくカエデのタネは、羽(翼)のような部分があるというのが特徴です。

 

こういうのを、翼果(よくか)と呼ぶらしいです。

カエデはこの翼によって空を飛びます。

 

と言っても、もちろん羽ばたいたりするわけではなく…

実際は、枝から落下する際にくるくると回って、

ただ落ちるだけよりはちょっとゆっくり落ちるかなーというくらいです。

 

でもこの「ちょっとゆっくり」落ちている間に

横風がびゅーんと吹いてくれたら、ただ落ちるだけよりは

少し遠くに行ける可能性が高まるわけで

 

その「少し」が、長い目で見るとじわじわと効いてくる…

ということのようです。

 

特徴的なタネなので、その気になれば身近なところで結構見つけられます。

発見した際にはぜひ、高いところからそっと落としてみてください。

 

「ちょっとゆっくり」落ちるその姿に

長い長い植物の歴史を感じること間違いなし。